医療保険とネット生保

ネット生保は、従来の保険会社のように店舗・事務所などを設けるのではなく

ネット生保は、従来の保険会社のように店舗・事務所などを設けるのではなく、契約の締結から保険金の請求手続きまで、全ての手続きをインターネット上で行うことができる、という保険会社です。このため、会社側としては人件費や、事務所・店舗などのコストを抑えることができます。そのため、保険料が安いというメリットがあります。ネット生保の商品は、あまり複雑な特約が用意されているわけではなく、従来の保険会社で医療保険の契約をする場合に比べて、非常にわかりやすい契約内容になります。

また、インターネットを利用して、24時間いつでも契約ができるようになっていますので、日中に担当者と会う時間を作ったり、店舗に出向いて相談をしなければならない、ということもありません。

仕事以外の時間に、よく考えて選ぶことが可能です。

一方で、医療保険に加入する目的は「医療費の心配をせずに、しっかりと治療が受けられるようにする」ということだと、改めて確認する必要があります。ネット生保を利用すると、契約内容を決めるのに、誰にも相談に乗ってもらえませんので、ご自身で約款の隅々まで読んで理解しなければならない、という点には注意が必要です。

また「保険料が安ければ良い」という考えにも注意が必要です。保険料は「安い」といっても、一ヶ月2000円を1年払い続ければ2万4000円、10年払い続ければ24万円にもなります。

これだけの支払いを続けておいて「いざ、病気になったときに、必要な保障が得られなかった」ということになると、何のために医療保険に加入したのか、わからなくなります。そのため「必要な保障がどのくらいなのか」「それだけの保障が、安い保険料でも得られるのか」をきちんと確かめてから、契約をしましょう。

保険金を受け取りたい場合でも、担当者が手続きをしてくれる従来の保険会社とは違って、全ての手続きを自分で行うことになります。病気になったときに、ご自身にそれだけの余力があればいいのですが、ない場合には手続きをしてくれる誰かを、見つけておく必要があるでしょう。

自分自身のためにどんなネット生保がいいのでしょうか。ライフスタイルに合わせてネット生保を考えます。ベストマッチのネット生保とは何でしょうか。どの人にとってもネット生保に入っているのです。仕事や年齢によってそして家族のため等何の目的で保険を契約するかで変わります。ネット生保で気付きが得られます。
ネット生保について|生命保険選びネット
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9234.htm
生命保険には様々なニュースがあります。ネット時代を迎えたことでネット生保の割安な生命保険も増えてきました。その生命保険の動きを理解するのは大変です。ネット生保についてよく考えましょう。
ネット生保
インターネット生命保険の比較と落し穴から
e-net-hoken.com/
ちゃんと調べてみれば生命保険業界もインターネットの発達で従来型の保険会社ではなく新しいネット生保が始まりました。生命保険の保険料負担額が重すぎるといった問題も思ったよりうまくそして簡単に決まるかもしれません。ネット生保を考えることで生命保険の保険料は下がります。-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/