医療保険と生命保険相談

保険というのは「医療保険だけ」「生命保険だけ」など、個別に考えていてはいけない

保険というのは「医療保険だけ」「生命保険だけ」など、個別に考えていてはいけないのです。人生には様々なリスクがありますので、特定のリスクだけの保障を手厚くするのではなく、様々なリスクにバランスよく対応できるようにしなければいけません。

たとえば、生命保険相談にいく場合でも、様々な保険の設計をする必要が出てきます。また、保険で得ておくべき保障というのは、ご家族の構成、ライフステージなどに応じて変わってきますので、保険の契約内容だけではなく、住宅ローン、カーローンや、お子さんの年齢、学費の準備はどうしているか、引越しの予定はあるかなど、おおまかでいいのでご自身の状況を整理しておきましょう。

医療保険というのは、大事な保険ではあるのですが、生命保険に比べると、サブ的な位置づけにあります。というのは、人間は必ず死亡をするときがくるので、誰でも死亡に備えるということは必要です。しかし、亡くなるにあたって莫大な医療費がかかるかというと、必ずしもそうとは言えないのです。また、健康保険に加入している人なら、高額療養費制度なども利用できます。そのため「生命保険には一切加入せず、医療保障だけを手厚くする」というのは、バランスが悪くなります。

そして、「マイホームを買ったら、ご主人の死亡保障を大きくしなければならない」といった勘違いをされているケースが、いまだに多いです。住宅ローンの契約をした際、団体信用生命保険に加入をしているケースがほとんどですので、ご主人が亡くなった場合には、住宅ローンの負担がなくなるという前提で、必要な死亡保障を計算する必要があるのです。逆に、奥様が亡くなった場合には、住宅ローンが残ることがあります。奥様がパートなどで家計を支えていた場合には、その収入がなくなりますので、死亡保障を大きくしなければならないケースもあります。

生命保険相談に行くと、このような思い込み、勘違いを正しながら、相談に乗ってくれます。医療保険に関しても、バランスよく保障を得るにはどうすればいいか、じっくり相談することができるでしょう。

日本には数多くの保険商品があります。各保険会社が競って新商品を投入します。その中から、自分に最適なものを選びます。困ったならば生命保険相談は大切です。保険選びはそれは簡単なものではありません。あなたは何人家族ですか?貯蓄はどうですか?いろいろ考えないといけません。
保険相談について|生命保険選びネット
http://www.hoken-erabi.net/soudan/
しっかりと考えて保険の見直しをしてもらいましよう。それが大切です。しっかりと生命保険の見直しをしましょう。自分の年齢性別等により保険料は変わります。保険見直しは重要です。-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/