ファイナンシャルプランナーと生命保険

生命保険に加入するとき「どのくらいの保障が必要なんだろう?」

生命保険に加入するとき「どのくらいの保障が必要なんだろう?」「どの生命保険がいいんだろう?」と迷ったら、ファイナンシャルプランナーに相談するのも良い方法です。FPは生命保険だけではなく、資産の状況全体を把握した上で、どのくらいの保障が必要なのか把握するために、知恵を貸してくれるでしょう。生命保険の相談をする場合でも、生命保険の加入状況だけではなく、医療保険や学資保険などの加入状況、預貯金や自動車、不動産などの資産の状況を、できるだけ把握してから相談すると良いでしょう。

生命保険というのは「契約者が亡くなった場合に備えて、ご遺族の生活の保障を得る」ためのものです。保障が充分でない、あるいはご自身の状況に合っていない生命保険に加入してしまっては意味がありません。また保障をたくさん得ようとしすぎると、必要以上の保険料を支払い続けることになります。たとえば「お子さんの学資保険には既に加入している」という人が、生命保険でもお子さんの学費を確保しようとしてしまうと、保険料がそれだけ高くなってしまうので、注意が必要なのです。

医療保険などに加入していると、預貯金を取り崩さないで治療を受けられます。その分、ご遺族にも多額の資産を残すことができます。ただ、医療をあまり受けないで他界することも考えられ、その場合には「たくさんの保険料を払ったのに、保障を受ける機会がなかった」ということに、なるかもしれません。ファイナンシャルプランナーに相談しながら「どのくらいの保障を得ておくべきか」を考えていくといいですね。

生命保険を誰に相談しますか。ちゃんとファイナンシャルプランナーについて考えておけば思っているよりもうまくいきます。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPつまりコンサルティングしてくれる人もいます。コンサルティングの結果次第でどのような生命保険の組み合わせになるかが決まってしまいます。ファイナンシャルプランナーFPと生命保険についてです。コンサルティングは有効です。-ファイナンシャルプランナーという専門家を知っていますが。今の自分と言うものにとってどんな生命保険の組み合わせがあるべきことなのでしょうか。そのような悩みの専門家です。年齢や家族構成によりさらに入院のためその他何の目的で金融資産や生命保険を選択するかで変わります。ファイナンシャルプランナーFP相談次第になります。-ファイナンシャルプランナーと無料で相談できる保険無料相談サービスが増えてきています。生命保険や医療保険はどんな立場の人と相談をしていくのでしょうか。どんな会社の人にお願いするかは重要です。このような生命保険無料相談サービスについても考えておきましょう。保険選びではこのように考えることが重要です。ファイナンシャルプランナー・FPで生命保険。-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/