生命保険と相続

生命保険を相続税対策に活用する、という方法が注目されています

生命保険を相続税対策に活用する、という方法が注目されています。相続でトラブルになるのは「遺産の取り分で揉める」「相続税申告が大変になる」「納税資金が不足する」といったことです。特に「マイホームが大きな遺産であるため、遺族で分割することができない」「遺産が不動産のみであるため、納税するには不動産を売って現金を用意しなければならない」ということになると、相続の手続き・紛争の解決に時間がかかってしまいます。

だからといって「相続時に大変だから、マイホームを購入しない」「相続税を払うために、現金を確保しておきたいから、生活を質素にして我慢する」というのでは、何のための人生かわからなくなります。

そこで、生命保険に加入することで、保険料として相続税納税のための資金を準備していくという方法が役立ちます。また、貯蓄というのは目標額に達するまでに時間がかかりますが、保険というのは、加入してから効果が出るまでの時間が短いのです。万が一、契約者が亡くなってしまった場合でも、納税資金を準備できることになるのです。また、病気などにかかった際に自身の預金が減ってしまわないよう、医療保険への加入もしておいた方がよいでしょう。

もしも「マイホームが主な財産なので、兄弟で分割させられない」ということにお悩みならば「マイホームを相続させる人(仮に長男とします)以外の兄弟を受取人にして、生命保険に加入しておく」「そのかわり、生命保険を受け取る兄弟には、相続放棄をしてもらう」「あるいは遺産分割協議書で、マイホームの相続人が長男であることを認め、捺印してもらうと約束しておく」という方法があります。

ただし、注意が必要なのは「長男以外の兄弟が、相続放棄はしない、遺産分割協議書にはんこを押さない」と言い出す可能性もあることです。人間はお金がからむと、どんな主張をし始めるかわかりません。この可能性に備えて「負担付遺贈(長男がマイホームを相続する代わりに、他の兄弟に○○万円渡す)」という遺言書を作っておくといった方法もあります。

生命保険を相続対策に利用するといっても、少し考えるだけでこんなに様々なトラブルの可能性が出てきます。できるだけ素人判断は避けて、相続に詳しいファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士などの専門家に相談することが望ましいですね。

自分の生命保険の評判を調べるにあたって大切にしないといけないのは何のため生命保険かを考えることです。生命保険を選ぶには保険評判のがいいでしょう。保険を誰に相談しますか。評判を気にしますか。
生命保険評判について|生命保険選びネット
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/rank.htm
相続の問題は確り話し合い遺言を作ることも大切なことです。うまく遺産分割の問題を乗り越えるために遺言は役に立ちますす。しかし相続の問題は安易に考えてはいけません。良く考えないといけない問題と言われる遺産相続の問題については財産を相続するにあたって大変な問題です。問題が生じないように進めることについてあらかじめ考え対策すれば結構いい解決になります。-相続税節税についての問題は誰の相続であっても避けられない出来事です。うまく解決できるかは相続の経理と税務について安易に取り組まないことです。節税問題は生命保険による対策が後になり役立ってきます。相続税対策について検討対象として見ましょう。-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/