医療保険は女性にとって

生命保険や医療保険を商品比較する際には、加入者について考えることが大切です

生命保険や医療保険を商品比較する際には、加入者について考えることが大切です。加入者が男性なのか女性なのか、大人なのか子供なのかによっても、ベストな保険は変わってきますよね。また、男性であっても、20代の男性と50代の男性ではベストな保険が異なるはずです。もちろん、20代の女性と50代の女性にも同じことが言えますね。ここでは、女性の保険について考えてみましょう。

女性に必要な保険というのは、女性ならではの病気に対応できる保障がついていなくてはいけません。女性ならではの病気には、子宮がん・乳がん・子宮筋腫・関節リウマチなどがあります。どの病気も年々発生率があがっており、若い世代でも起こるようになっているのです。子宮がん・乳がん・子宮筋腫・関節リウマチなどは、大きな手術が必要になることが多く、治療も長引きます。入院を繰り返すケースも少なくありません。保険に加入していなければすべて自己負担となり、莫大な出費になってしまいます。

すでに生命保険に加入しているなら、女性に必要な保障を特約として追加契約するのもいいですね。また、女性の生命保険を考える上では、死亡保障はなくても良いケースがあります。男性と異なり、亡くなった後に家族の心配をする必要があまりないからです。結婚しているのであれば、なおさらそうでしょう。死亡保障をつけると月々の保険料がアップしますので、不要ならはずすといいですよ。その分、病気の保障にまわすべきです。

医療保険は任意の生命保険です。病気と等で入院したときには医療保険を意識するものです。入院すると医療費の負担も続きます。漠然と準備を考えます。医療には金がかかります。それを医療保険がカバーします。医療保険には死亡保険が付いているものもあります。医療保険の比較をして選びましよう。
医療保険について
hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/iryohikaku01.htm
-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/