医療保険と学資保険

医療保険というのは、契約者やそのご家族が病気になって、医療費がかかったときに

医療保険というのは、契約者やそのご家族が病気になって、医療費がかかったときに、その出費をカバーしてくれる保険です。最近は子どものための保険も充実していますが、子どもの医療費に関しては、国や自治体から手厚い助成があることが一般的です。たとえば「乳幼児医療証」が交付されている間は、医療費が莫大になることはありませんし、地方自治体によっては、一定の年齢になるまで医療費が無料という制度を設けているところもあります。そのため、子どものための医療保障を手厚くする必要があるかは、よく考える必要があります。

さて、お子さんが生まれた場合「これから教育費がかかるけれど、大丈夫だろうか」と心配になりますよね。貯蓄をして充分な金額が確保できればいいのですが、この場合「親御さんが万が一、亡くなったり、高度障害などの状態になって、働けなくなった場合に、貯蓄ができなくなる」という可能性があります。また、学資保険のなかには、お子さんの病気やケガにたいする保障が充実しているタイプもあります。お子さんが病弱で医療費がかかりそうであるとか、親御さんの年齢が高齢であるという場合は、貯蓄よりも保険を積極的に活用していくべきでしょう。

お子さんに保険をかける場合にも「保障が手厚ければ手厚いほど良い」というものではありません。

いざというときに、保障を受けるためには、保険料を支払い続けていなければなりません。保障を手厚く設定すれば、それだけ保険料がかかりますので、「必要最低限の保障を、できるだけ安い保険料で得られる」ようにすることが、理想的です。

特に「保障重視タイプの学資保険に加入して、医療保険にも加入する」という場合は、保障内容が重複してしまうことになります。この場合は、学資保険には貯蓄性を求めるようにして、できるだけ医療保障の部分が少ない保険を選ぶと良いでしょう。保険選びには「保険全体のバランス、設計」を考える必要がありますので、ファイナンシャルプランナーに相談してみるのも良い方法です。

学資保険を知っていますか。学費保険は複雑な保険です。親の死亡時も確保できる保険です。様々な学資保険もできています。学資保険について考えましょう。
学資保険について
hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/gakushihikaku.htm
ちゃんと事前準備をしてすすめてみれば保険選びと保険料負担額といった問題も思ったより簡単に決まるかもしれません。所得補償保険や収入保障保険などの生命保険、生命保険やガン保険、自動車保険それに年金保険と色々あります。保険評判を知ることで万が一の心配をなくしておくことは大切なことです。-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/