生命保険と医療保険組み合わせ

生命保険と医療保険を比較して、どちらが良いのか迷っているという人もいます

生命保険と医療保険を比較して、どちらが良いのか迷っているという人もいます。しかしそこでどちらかにするのではなく、両方へ加入するという選択肢も考えてみてください。そうなることでデメリットとなる部分もありますが、メリットとなる部分もあるので、現在の自分の状況と照らし合わせて考えてみてください。

生命保険と医療保険は同じようなものと思っている人もいますが、そうではありません。死亡した時に払われるもの、入院・手術を受ける時に払われる物というのが、基本的な違いです。

補償のされ方が違うのですから、どちらか片方にしていたら、もう片方に該当することが起きた時に何も受け取れないということが起きてしまうのです。

両方の保険に加入する場合、大きなデメリットとなるのが保険料です。これは少しでも安い所を見つけるくらいでしか、改善する方法はありません。保険はいつまでも加入していなければいけないというものではないので、例えば子どもが成長するまでの間に期間を絞って両方に加入するという方法でも良いのではないでしょうか。

生命保険と医療保険は、両方へ加入しておくと安心です。しかし必ずしもそうしなければいけない物でもありません。保険金をもらうために加入するのではなく、万が一の時に困らないようにするための物です。自分や家族の状況と照らし合わせて、どういう状態にするのがベストなのかを考え、時にはコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

ガン共済や医療共済。生命共済。様々な共済種類があります。共済が違えば保障も違います。共済はよく考え続けることが大切です。各種の共済は比較して選びましよう。-このような問題について的確に方向性を示してあれば大きな問題にはならないでしょう。遺言などでで解決できるのかは遺産分割ついてでありそれは相続対策をきっちり覚悟して臨むことです。経営者が悩むのは相続です。相続税申告はずっと以前から必ず考えないといけない問題と言われています。相続対策と遺言書についての問題はこのように考えることがいいのです。-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/