終身生命保険と終身医療保険

終身型の生命保険は、保障が一生涯続くのが安心といえます

終身型の生命保険は、保障が一生涯続くのが安心といえます。人間いつ死亡するのか誰にもわからないのですから、いつその時が来ても保障をしてもらえる、というのはありがたいです。その代わり、定期型生命保険と比べて払い込む保険料は高くなります。保険金が下りるかどうかわからない定期型生命保険や医療保険と違い、いわば必ずもらえる保険というわけですので、保険料は高くなり、保険金は安くなるのは仕方がありません。

生命保険の目的を考えたときに、終身型が必要なのかどうかを判断することができます。一家の働き手が万一の病気や事故で死亡してしまった際に、残された妻の生活や子どもの教育費を備えておきたい、という目的の場合には、年齢が上がっていくにつれて妻の余生の年数も減り、子どもも独立しているなら教育費もかからなくなり、保障の必要も減っていくものです。

終身型の医療保険の場合、保障はやはり一生続きます。保障期間が限定される定期型と比較して月々の保険料は高めになります。

しかし、定期型は年齢に応じた保険料システムが多いため、終了した後に更新すると保険料はアップします。一生の保障を望むのであれば、定期型より終身型のほうが支払い総額は下がるでしょう。高齢になるにつれて医療の必要は増える一方になるのが普通です。生涯、医療費の保障が続くなら、家族や子どもに負担をかけることもなく安心ですね。医療保険の比較をする場合には、終身型か定期型かの判断をしていきたいものです。

生命保険には団体保険があります。団体扱いの保険や給料天引きの保険もあります。これは勤めている会社などが保険会社と提携した場合に使えます。団体生命保険やグループ保険と呼ばれる保険です。支払われる給料から支払われるのが普通です。保険料は一般の保険より安くなっています。保険選びについてはこれらの団体保険をうまく使うことがコツです。-住宅ローンは大変ですがまあ仕方がないですね。心配になるのは住宅ローンによる人生の負担に納得できるか考えることです。金融機関がどう対応するのかよく考えれば住宅ローンでのお金にかかわる問題点も拍子抜けするほど何事もなく解決したりします。返済が確実にできるのかと言う不安もあり苦労しないといけない問題でもあります。住宅ローンで頑張るのです。-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/