終身生命保険と定期医療保険

終身型の生命保険は、保障が一生涯続く死亡保険です。解約しない限り必ず保険金が

終身型の生命保険は、保障が一生涯続く死亡保険です。解約しない限り必ず保険金がもらえる保険といえます。万一の場合に備えて加入し、加入者同士が出し合う保険料をプールしておいて不幸な事態になった方に多額の保障をお渡しするのが保険だと考えるなら、この終身型生命保険は貯蓄の意味が高い保険といえるでしょう。そのため、払い込む保険料に比べて支払ってもらえる保険金は低めに設定されています。100%支払われるのですから、高く設定はできないのです。

終身型の生命保険を相続税対策として活用される場合も多く見られます。死亡保険金は500万円×法廷相続人の人数に金額が非課税となっています。そのため、家族へ資産を残したい、あるいは相続税費用を準備してあげたい場合の活用法といえるでしょう。また、養老型の保険を検討することもできます。

定期型医療保険は期間を限定した医療保険です。働き盛りの30代、40代に入院や手術をするとなると、家族の生活費や子どもの教育費とあわせて医療費を負担するのは大変です。

その際に医療保険が支給されると、経済的にも心理的にもつらい時期を乗り越えていけるでしょう。老後は貯蓄と公的年金、公的保険でまかなっていく、というライフプランであれば、医療保険は定期型がいいかもしれません。病気や怪我は肉体的に痛みを伴うだけでなく、家族に余計な負担をかけてしまって申し訳ないという心理的痛みもあるものです。医療保険の比較をしっかりすることで、万一のアクシンデントに備えていきたいものです。

今まで継続してきた生命保険や医療保険を見直すにあたって失敗しないために大切にしないといけないのは告知義務違反をしないかを考えることです。入院したり病気があったりそんな状況での生命保険見直しをするには告知義務も考えないといけません。-生命保険の見直し、つまりどううまく生命保険を選択するかは容易なことではありません。生命保険の見直しはいいのです。損しないためには生命保険見直しは役立ちます。-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/