定期生命保険と定期医療保険

定期生命保険は一定の期間だけ、死亡や高度障害に保障がでる保険となっています

定期生命保険は一定の期間だけ、死亡や高度障害に保障がでる保険となっています。生命保険の目的を、死後の家族の生活を支えるためと考えれば、妻の余生年数や子どもの教育費を考慮して、期間限定で高めに設定しておくのが賢い方法といえるでしょう。妻の予想できる余命年数が減っていくにつけ、また子どもが卒業したり就職したりするにつけ、保障を薄くしていくことができます。定期型の生命保険は、払い込む保険料に比べて支給される保険金が高いのが特徴です。

もちろん、その期間中に何事もなければ保険料は掛け捨てとなり、不幸を経験した他の保険加入者を支えるために活用されます。

定期型の生命保険は、期間終了後に死亡しても保険金は支給されません。家族に資産を残すために貯蓄など別の方法を考えておく必要があります。生命保険金は一定額の非課税が認められていますが、その他の貯蓄商品で資産を増やし、相続税を払う場合とどちらがお徳かを比べておきたいものです。

定期型の医療保険も期間を限定して保障をつけたい場合にメリットのある保険商品です。老後の医療や介護は、年金に加えて公的医療保険と介護保険を活用し、足りない分は貯蓄でまかなう、といった計算が成り立つならば、終身型医療保険より効率よく保障をつけられます。保険と貯蓄と年金をどう組み合わせるか、その連携を考えておく必要があります。医療保険の比較をするには、自分や家族のライフプラン設計がなにより重要なのです。

定期保険から商品を選ぶことについては随分と面倒なことなのです。間違いのない生命保険と定期保険をきっかりチョイスするだけで大変なことです。安直に考えてはいけないのです。定期保険の比較は大切です。-生命保険に入るのは社会人になったときが多いようです。それは自分の必要保障額を考える時です。人生の節目で保険を考えるようになります。必要保障額を考えましょう。生命保険を勉強しましょう。-

次を読む≫

link/ 00/ 01/ 02/